我々の日常生活に使う携帯・スマホ・パソコン・WiFi などの電子端末からは電磁波が放出されています。

電磁波を大量に浴びると健康に悪い影響があるとも言われており、普段使う電子端末から出る電磁波に注意する必要があると感じている人たちが増えているようです。

電磁波を出す電子機器はたくさんありますから、最近自宅やレストランで頻繁に使用され、常につけっぱなしになっているWiFiの電磁波を心配している方もいるようです。本日このページでは、WiFiの電磁波が体に与える影響や、その対策方法についてご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

WiFiの出す電磁波は健康にどの程度の影響を与えるの?

WiFiの出す電磁波は非常に小さいと言われていますが、毎日その電磁波を浴び続けると体にどんな影響があるのだろうか?では、WiFiの電磁波が及ぼす危険性に関して2つの意見をご紹介いたします。

1.体温の上昇が起きる

WiFiで使用される電磁波は100khz以上の高周波です。高周波の電磁波は体温を上昇させる作用があるため、長時間WiFi電磁波を浴び続けると、体温が次第に上昇すると言われています。

2.ペースメーカーに影響を与える

電磁波はペースメーカーに影響を与えることもあります。心臓のペースメーカーが狂ってしまうと心臓に悪い影響を与えます。更に、場合によって命に関わる程度もあります。ですから心臓のペースメーカーをつけている人はWiFiの使用に注意しなければならないです。

WiFiの出す電磁波から身を守るための対策方法!

室内で浴びる電磁波の影響を減少したいと思うなら電磁波遮断ジャミング装置 がおすすめです。

小さな子供を電磁波から守る

お腹の赤ちゃんを電磁波の影響から守る

電磁波遮断装置 はこのような目的で使用するこができます。とても簡単でできる電磁波抑止方法です。

WiFi電波妨害機とはWiFi電波を遮断·阻止·抑止することができるジャミング装置です。2.4Gと5.8Gの信号を圏外にする作用があります。2本アンテナが付き、各アンテナが独立的に調整することができます。


Likes

Comments